TEL
MENU

Blog記事一覧 > > 第6回 疲れない立ち方

第6回 疲れない立ち方

2017.07.05 | Category:

こんにちは!とり整骨院・とり鍼灸院の鳥山です!

 

疲れない身体コラムの第6回目、「疲れない立ち方」についてです。

今回は足の骨の構造を説明しながら、効率の良い立ち方について書いていきたいと思います。

 

結論からいいますと、「骨で体重を支えて、余計な筋肉を使わない」のが効率の良い立ち方です。それがどのような立ち方かを説明していきますね。

 

下腿の骨の構造を示します。

引用 プロメテウス解剖学 アトラス 解剖学総論/運動器系 第2版 医学書院

 

下腿の骨は、内側に太い脛骨(けいこつ)と、外側に細い腓骨(ひこつ)があります。

さらに脛骨腓骨と足の距骨(きょこつ)が関節を作り、体重を支えています。

 

さて、ここで効率よく「骨で立つ」ことを考えたときに、脛骨と腓骨のどちらで体重を支えるのが良いのでしょうか。

 

答えは脛骨です。というのも2つの理由があります。

①脛骨の方が太い。

太い骨のほうが体重を支えるのには適していますね。ゆえに、脛骨の軸と荷重線が一致するのが「骨で立つ」という状態なのです。

②脛骨と距骨の関節面と、腓骨と距骨の関節面を比べたときに、脛骨と距骨の関節面のほうが上からの荷重を支える構造になっています。腓骨と距骨の関節面は傾斜がついていて、上からの荷重には弱い構造をしていますね。

 

脛骨ではなく腓骨で体重を支える場合、骨で支えられない分を筋肉で補うことになります。それでは立っているだけで疲れてしまいます。腓骨側に体重がかかっている場合、O脚になりやすいです。膝関節の内側にも荷重がかかりやすいために、膝も痛めやすいです。

X脚でも余計な筋力が必要ですし、膝にも負担がかかります。

 

ここまでは左右方向での荷重について説明してきましたが、続いては前後方向です。

 

脛骨で体重を支えたときに、前後方向の重心線はどこにあるのが最も「骨で立つ」状態に近づくでしょうか。やはりこれも脛骨の骨軸に荷重線を一致させる場合です。つまり、脛骨の下の距骨に荷重がかかるのが、最も「骨で立つ」ことになります。

 

これは運動学の重心線と比べると後ろ側(かかと側)です。運動学では「外顆(外くるぶし)の前方5~6㎝」のところに重心線が通るとされていますが、その場合脛骨の骨軸で体重を支えることが出来ないと私は考えています。重心が前にある分、前側への転倒防止のためにヒラメ筋の活動も必要になります。ヒラメ筋を使って重心が前方にあるよりも、骨で立って筋出力を少なくするほうが効率が良いと私は考えています。ゆえに脛骨の下にある距骨に荷重がかかるのが効率が良い立ち方という考えなのです。

 

今回のコラムは、効率よく脛骨で体重を支えましょう、という内容でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

当院へのアクセス情報

所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-48-2 ピッコロビル2F
駐車場
電話番号03-5424-9755
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日祝日

駐車場のご案内

当院に駐車場はございません。外苑西通りのパーキングチケットが最寄りの駐車場です。

※利用料はご負担ください。

※パーキングチケットのご利用は60分までです。詳しいご利用方法は警視庁の利用ガイドを参照ください。

パーキングメーター・パーキング・チケット利用ガイド(PDF形式:1,965KB)

※パーキングチケットをご利用の際のトラブル等の責任は負いかねます。