TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康,生理学 > 血糖値を上げない食事の方法

血糖値を上げない食事の方法

2017.01.25 | Category: 健康,生理学

こんにちは!鳥山です!

 

昨日はAGEsが老化に関係するというお話をしました。

AGEsを発生させないためには血糖値を上げないことが重要です。詳細は昨日のブログを参照ください。

糖質によって老化が早まる?~糖質と老化の関係~

さて、本日は具体的に血糖値を上げない方法についてお話していきます。

 

illust1018_thumb

 

①糖質を取りすぎない

まずは糖質を取りすぎないことが大切です。炭水化物の取りすぎには注意。

例えば、パスタ(乾麺)は100gあたり71.2g、食パンは100gあたり44.4g、白米は100gあたり36.8gの糖質がふくまれています。

また、ショートケーキは100gあたり43g、バナナは100gあたり21.4gの糖質が含まれています。

 

炭水化物にはかなりの糖質が含まれているのです。

まずは炭水化物や甘いものを減らして、肉や野菜の量を増やすことが重要です。

 

②食べる順番を考える

食事の食べる順番を変えるだけで血糖値の上昇を抑えることができます。次の順番で食べましょう。

1.食物繊維

2.タンパク質

3.炭水化物

野菜を先に食べることで満腹感が得られ、血糖値の上昇もゆるやかになります。炭水化物を最後にすることで、食べ過ぎも防止できます。

 

③少しずつこまめに食べる

同じ量であれば、食事の回数を増やすのも一つの方法です。

食事の回数を増やすことで急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

 

ちょっとした工夫で血糖値の上昇を抑えることが出来るのです!健康のために、試してみてくださいね!

 

広尾、恵比寿、白金のとり整骨院 とり鍼灸院では患者様の体に合わせたオーダーメイド治療をします。

また、窓口負担0円で交通事故の治療も受けられます。ご相談下さい!

当院へのアクセス情報

所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-48-2 ピッコロビル2F
駐車場
電話番号03-5424-9755
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日祝日

駐車場のご案内

当院に駐車場はございません。外苑西通りのパーキングチケットが最寄りの駐車場です。

※利用料はご負担ください。

※パーキングチケットのご利用は60分までです。詳しいご利用方法は警視庁の利用ガイドを参照ください。

パーキングメーター・パーキング・チケット利用ガイド(PDF形式:1,965KB)

※パーキングチケットをご利用の際のトラブル等の責任は負いかねます。