TEL

腱鞘炎 | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

腱鞘炎

腱鞘炎で家事が出来なくてお悩みの方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

腱鞘炎は主に手を酷使する方に発症します。手先を使う仕事の方や、お子さんを抱っこする育児中のお母さんだけではなく、最近では長時間のスマホの操作によっても腱鞘炎になる方がいます。腱鞘炎になると、字を書こうとしたり、カバンを持ち上げようとするだけで痛みが出て日常生活に支障が出ます。手に痛みがありお悩みの方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご相談ください。

腱鞘炎は、腱鞘とよばれるトンネルと、腱が擦れることによって起こる炎症です。腱鞘と腱の関係は、ベルト通しとベルトの関係に似ています。腱鞘があることによって腱がスムーズに動くのですが、手を酷使することによって炎症が起こるのです。

代表的な腱鞘炎はドゲルバン病とばね指です。ドゲルバン病は手首(親指側)に痛みがでます。ばね指は指を伸ばそうとしたときに引っかかりや痛みがでます。症状が進行すると指が動かない状態になります。腱鞘炎で痛みが出ている方は、腱と対応する筋肉が硬くなっていることがほとんどです。当院では、腱と対応する筋肉を弛めたり、指関節、手関節、肘関節、肩関節の調整をすることで、腱鞘炎にアプローチしていきます。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へ、気軽にご来院ください。