TEL
MENU

手・足のしびれ

手や足のしびれを根本施術したい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご相談ください。

しびれは神経の障害や血行不良等によって起こります。それを取り除くことでしびれを改善に導くことができるため、原因の特定が重要になります。

腕や手の神経は頸椎と頸椎の隙間を通って腕や手に分布していきます。その道中で神経の障害があると神経の機能が低下し、しびれや場合によっては痛みも出ます。放置しておくと筋力の低下を招き、日常生活に影響を及ぼす可能性があります。

手や腕のしびれが出る疾患は数多くあります。神経が障害される場所によってしびれが出る領域や、施術方法が異なります。例を挙げると、頸椎のヘルニアは脊柱という神経の通り道に椎間板がはみ出すことによって神経が障害されます。悪い姿勢によって日常的に負担がかかったり、強い外力によって引き起こされます。そのような場合は早期の検査・施術が必要です。

頸椎のヘルニアの他にも、筋肉等が原因で神経が障害されます。頸部前面にある斜角筋や、脇にあるクワドリラテラルスペースを構成する大円筋、小円筋、上腕三頭筋、肘前面にある円回内筋などの筋肉、肘部管、手根管、ギヨン管などの神経が通る管によって障害されます。どの場所で障害されても、しびれによるストレスによって家事や仕事にも影響が出てしまいます。

 

足のしびれは神経障害や血流の障害、むくみによって引き起こされます。足の神経は腰椎と腰椎の隙間や、骨盤にある仙骨という骨の穴を通過して足に分布します。その途中で神経の通りを阻害する原因があるとしびれが起こります。また、むくみも神経を圧迫することでしびれの原因になります。足のしびれは感覚的にストレスになるだけではなく、転びやすくなったり筋力の低下をまねくことがあるので、早期の対処が必要です。

足のしびれで代表的なのが腰椎のヘルニアや腰椎すべり症ですが、筋肉が神経の通りを阻害することでもしびれがおこります。その原因は例えば、臀部にある梨状筋(りじょうきん)です。梨状筋は坐骨神経と交差していて、梨状筋が硬くなると坐骨神経を阻害します。梨状筋症候群といいます。足を組むくせのある方に多くみられます。日常生活の指導も施術には重要となります。

血流を改善することでしびれが取れる場合もあります。鼠径部を通る大腿動脈の流れをよくすることで、足全体の血流が改善され、しびれが改善される場合もあります。

 

広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院では、手や足のしびれの原因を突き止め、最適な施術を選択しますので、しびれでお困りでしたらぜひご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-48-2 ピッコロビル2F
駐車場
電話番号03-5424-9755
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日祝日

駐車場のご案内

当院に駐車場はございません。外苑西通りのパーキングチケットが最寄りの駐車場です。

※利用料はご負担ください。

※パーキングチケットのご利用は60分までです。詳しいご利用方法は警視庁の利用ガイドを参照ください。

パーキングメーター・パーキング・チケット利用ガイド(PDF形式:1,965KB)

※パーキングチケットをご利用の際のトラブル等の責任は負いかねます。