TEL

足関節の捻挫 | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

足関節の捻挫

スポーツなどで足首をひねってしまった方は、広尾、恵比寿、白金のとり整骨院・とり鍼灸院にご相談ください。

運動中や歩行中などで足をひねってしまうのはしばしばあることです。受傷直後は損傷の程度によっては立てなくなったり、歩けなくなってしまうこともあります。程度が軽くても初期段階で施術をおこたると、関節のずれが残ったり、繰り返し捻挫をしやすくなったりする可能性もあります。捻挫を繰り返さないためにも、万が一足をひねってしまった方は広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお気軽に相談下さい。

 

足首を内側に捻ってしまった場合、捻挫だけではなく骨折を合併する場合もあります。例えば、第5中足骨基部の裂離骨折です。第5中足骨とは、小指の根元にある骨で、短腓骨筋という筋肉が付着しています。足を内側に捻ってしまった際に短腓骨筋が引っ張られ、骨を引きはがしてしまうのです。いわゆる下駄骨折という骨折です。また、同様に外くるぶしが靭帯に引っ張られて裂離骨折をしたり、内くるぶしに圧縮力がかかり、骨折をする場合もあります。足をひねってから何日も腫れが引かなかったり、痛みが引かい場合は、国家資格を持った施術者がいる広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。