TEL

テニス肘 | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害 > テニス肘

テニス肘

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

テニス肘

テニス肘で日常生活に支障が出ている方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

テニス肘は、外側が痛くなるバックハンドテニス肘と、内側が痛くなるフォアハンドテニス肘に分けられます。テニス肘は正式には、バックハンドテニス肘は上腕骨外側上顆炎、フォアハンドテニス肘は上腕骨内側上顆炎と呼ばれます。どちらもストロークの際に繰り返しの負担がかかることで起こります。症状が強い場合は運動中だけではなく、家事や荷物を運ぶ動作など日常生活にも支障がでる障害です。テニス肘でお悩みの方は広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

最近、テニスをしていない、運動をしていない方のテニス肘が増加しています。原因はパソコンやマウスの長時間の使用です。指を上方に上げる筋肉は、肘から始まる筋肉を使って行われます。キータッチを繰り返すことで、その筋肉の付着部である肘の外側に痛みが出るのです。デスクワーク場合、仕事で常に負担をかけていることになるので、痛みが長引くことが多いため、適切な施術が必要です。テニスをしていないのに肘が痛くなってしまった方、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。