TEL

スポーツ障害 | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > スポーツ障害の記事一覧

スポーツ障害

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害を根本から解消したい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

スポーツ障害とは、スポーツをされることで起こる慢性的な不調のことを言います。取り組まれているスポーツによって起こりうる不調は変わってくるため、ケースに合わせて患部に最適な施術を行わなくてはなりません。スポーツ障害を根本からしっかりと解消したい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

スポーツ障害にはいろいろな種類がございます。野球をされる方であれば「野球肘」や「野球肩」のようなスポーツ障害を引き起こしやすく、バレーボールやバスケットボールのように跳躍と瞬発力を求められるスポーツでは「ジャンパー膝」という膝のスポーツ障害を引き起こしやすい傾向にあります。いずれの場合も、早期に適切な施術を受けることが理想的です。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。

当院では、さまざまなスポーツ障害に幅広く対応しています。痛みやしびれ、こわばりなどの症状を手技や理学療法、リハビリなどの専門施術によって徐々に、そして着実に解消してまいります。当院は「一人施術者」の整骨院ですので、施術内容が突然変わってしまう心配がございません。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へ、いつでも気軽にご連絡ください。

ランニング障害

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

ランニング障害

ランニング中に足や膝を痛めてしまった方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご相談ください。

 

ランニングは、健康志向の高まりにより人口が増加しているスポーツです。競技人口の増加により、ランニング中に足や膝を痛める方も増加しています。アスファルトでのランニングや、誤ったフォームでのランニングはランニング障害の原因になります。ランニングによって痛みが出てしまった方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院へご来院ください。

ランニング障害と一言で言っても、痛みが出る場所は様々です。脛の内側の下方に痛みが出るシンスプリントは、オーバーワークによる骨膜の炎症です。扁平足が原因となる場合もあるため、扁平足の施術も同時に行うことがあります。

ランナー膝は膝の外側に痛みが出る障害で、腸脛靭帯の炎症です。大腿骨と腸脛靭帯が擦れることによって起こります。鵞足炎は膝の内側に痛みが出る障害で、縫工筋、薄筋、半腱様筋の骨への付着部で起こる炎症です。どちらも骨には異常がないため、レントゲンには写らない障害です。湿布のみの施術では痛みが長引いてしまいます。当院では理学的検査をしてどこに障害があるかをはっきりさせて、お客様にしっかりと説明したのちに施術に移ります。ランニング中に痛めてしまった場合は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院へご相談ください。

 

テニス肘

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

テニス肘

テニス肘で日常生活に支障が出ている方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

テニス肘は、外側が痛くなるバックハンドテニス肘と、内側が痛くなるフォアハンドテニス肘に分けられます。テニス肘は正式には、バックハンドテニス肘は上腕骨外側上顆炎、フォアハンドテニス肘は上腕骨内側上顆炎と呼ばれます。どちらもストロークの際に繰り返しの負担がかかることで起こります。症状が強い場合は運動中だけではなく、家事や荷物を運ぶ動作など日常生活にも支障がでる障害です。テニス肘でお悩みの方は広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

最近、テニスをしていない、運動をしていない方のテニス肘が増加しています。原因はパソコンやマウスの長時間の使用です。指を上方に上げる筋肉は、肘から始まる筋肉を使って行われます。キータッチを繰り返すことで、その筋肉の付着部である肘の外側に痛みが出るのです。デスクワーク場合、仕事で常に負担をかけていることになるので、痛みが長引くことが多いため、適切な施術が必要です。テニスをしていないのに肘が痛くなってしまった方、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。