TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康,治療,生理学,解剖学 > 動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違い

動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違い

2017.02.07 | Category: 健康,治療,生理学,解剖学

こんにちは!鳥山です!

 

数回にわたり、タンパク質の役割や過剰摂取の影響についてお話してきました。

本日のテーマもタンパク質です。本日は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いについてお話していきます。

 

food_eiyou3_tanpakushitsu

 

動物性たんぱく質は肉類や魚類、たまごなどに含まれているタンパク質で、植物性たんぱく質は大豆などの豆類などに含まれているタンパク質です。それぞれメリット、デメリットがあります。

 

動物性たんぱく質

メリット:アミノ酸を多く含む、吸収率が高い

デメリット:脂質を多く含む、コレステロールが高い

 

植物性たんぱく質

メリット:脂質が少ない、低カロリー

デメリット:アミノ酸が少ない、吸収率が低い

 

どちらをとればよいのか?と疑問に思う方もいるかと思います。

結論から言うと、両方バランスよく1:1で取るのがオススメです。

そうすることで両方の長所短所を補うことができます。

 

筋トレでタンパク質を多くとりたい方は、アミノ酸を多く含み、吸収率の高い動物性たんぱく質の摂取量を増やすといいです。

ただし、過剰摂取には注意が必要です。詳しくは下記参照ください。

タンパク質を取りすぎるとどうなる?その1

タンパク質を取りすぎるとどうなる?その2

健康な体のためには、バランスよくほどほどに、が大切ということですね!

 

広尾、恵比寿、白金のとり整骨院 とり鍼灸院は平日夜9時まで診療しています。

交通事故の治療にも特化しています。お気軽にご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-48-2 ピッコロビル2F
駐車場
電話番号03-5424-9755
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日祝日

駐車場のご案内

当院に駐車場はございません。外苑西通りのパーキングチケットが最寄りの駐車場です。

※利用料はご負担ください。

※パーキングチケットのご利用は60分までです。詳しいご利用方法は警視庁の利用ガイドを参照ください。

パーキングメーター・パーキング・チケット利用ガイド(PDF形式:1,965KB)

※パーキングチケットをご利用の際のトラブル等の責任は負いかねます。