TEL

自転車走行中の交通事故 | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

自転車走行中の交通事故

2018.12.06 | Category: 交通事故・むち打ち

自転車と自動車の交通事故で当院に通院されたお客様の事例を紹介します。

ここで紹介する交通事故は自賠責保険の対象で自己負担0円で施術を受けることができました。自賠責保険は下記の事例のように、走行中以外の車との交通事故も対象となります。

 

そのお客様は自転車で走行中、停車中の自動車をよけようとした際にその車のドアが突然開き、自転車にぶつかって転倒しました。転倒した際に頸と腰を捻挫し、右肩と右の太ももを道路に打ち付けて大きなあざが出来ていました。

このお客様には、頸と腰には筋肉や関節への処置やテーピングで対処し、あざには超音波による施術を行いました。事故直後は大きく濃い色をしていたあざは、超音波施術を重ねることに薄くなり、1か月程度で完全に消えました。捻挫してしまった頸と腰も筋肉を緩める施術や、関節の動きを整える施術、電療、筋肉を補助するテーピングによって4か月程度でほぼ改善されました(週1~2回の来院頻度)。

 

このような停車中の車との事故も自賠責保険の対象です。このお客様は重傷で交通事故の直後に警察を呼び、相手ドライバーの保険会社の確認、整形外科の通院をしたので自賠責保険を使った施術を受けられました。もし警察を呼んでいなければ自賠責保険は使えなかったかもしれません。その場合、自費での施術になっていたでしょう。

交通事故にあった場合、警察に連絡をすることは必須です。後々痛みが出る場合もあるので、けががないと思っても警察への連絡はするべきです。そして、自賠責保険を使った施術ができるかどうかわからない場合は当院にご相談ください。複雑な事故の場合でも、提携している弁護士の先生と連携して最善の方法をご提案させていただきます。

自賠・慰謝料

2018.12.06 | Category: 交通事故・むち打ち

自賠・慰謝料

自賠責保険から適切な補償を受けたいという方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

このような事故でも保険適用して施術を行うことが可能です。

自賠責保険とは、交通事故が起こった際に被害者を救済するために設けられている補償制度です。この制度によって、被害者の方はご自身の金銭的な負担なく施術を開始することができます。しかし、原因のわからない痛みやしびれなどにお悩みの場合は保険手続きがスムーズに進まず、不安を抱かれているお客さまも多くいらっしゃいます。現在の施術施設で行き詰まりを感じたら、ぜひ広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご相談ください。

自賠責保険からは「施術費」「休業補償」「慰謝料」という3つの補償がなされます。慰謝料は金銭的、身体的損失を補償する制度です。これらは通常最大120万円までと定められておりますので、この範囲内で怪我や不調を速やかに解消しなくてはなりません。適切な施術が遅れると後遺障害として痛みやしびれ、こわばりなどさまざまな不調が体に根づいてしまうこともございますので、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院で一日も早く適切な施術を始めましょう。

当院では、交通事故に遭われたお客さまからじっくりとお話を伺いつつ、触診や視診を十分に重ねた上でお一人お一人に最適な施術プランをご提案させていただいております。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院は交通事故施術に特化している整骨院であり、専門知識を持った施術者が対応します。自賠責・任意保険の手続きも代行して行うなど、お客さまの心身を全面的にサポートいたしております。いつでも気軽にご連絡ください。

労災

2018.12.06 | Category: 交通事故・むち打ち

労災

労災保険からしっかりと補償を受けて施術を続けたい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

労災とは、労働中に起こる事故や災害のことを言います。その際に怪我を負ってしまったり、痛みやしびれなどの不調に見舞われる結果となったら、労災保険を使って施術を受けることが可能です。労災保険に詳しい方はそう多くありませんが、労災保険に詳しい施術者の下で施術を受けていただくと不安少なく患部を施術することができます。ぜひ広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

労災保険では、正社員の方はもちろんのことパートタイマーやアルバイトとして雇用されている方も補償を受けることが可能です。「労災隠し」という言葉が古びれて感じるのは、労災を使いたがらない企業が現代において減少傾向にあるためですが、もともと労災適用の基準自体が厳しい傾向にあるため、しっかりとした手続きを行っていく必要がございます。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。

当院では、労災によって怪我や不調に見舞われているお客さまからじっくりとお話を伺い、触診や視診などの各種専門診察によって患部の状態をしっかり把握します。お一人お一人に適した施術プランを作成しておりますので、怪我や不調を最短で施術することが可能です。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へ、いつでも気軽にご連絡ください。

交通事故 乳児

2018.12.06 | Category: 交通事故・むち打ち

自動車の追突事故で、小さいお子様が同乗している場合があります。最近はチャイルドシートの着用が義務付けられているとはいえ、チャイルドシートをしていれば怪我をしないわけではありません。事故の衝撃は当然小さなお子様にも伝わります。自動車は重量が大きいため、クリープ現象での追突でも衝撃はかなりのものになります。事故が起きてから1週間後に痛みやしびれなどの症状が出る場合もありますので、事故直後に痛みがないからと言って油断は禁物です。

 

言葉が喋れない乳児の場合、親御さんが異変に気付くしかありません。事故後、発熱はありませんか?夜泣きが増えていませんか?乳児を同乗して万が一交通事故に合ってしまった場合、普段よりもお子様に気にかけて小さな変化を見逃さないでください。事故による怪我があるのかもしれません。

 

当院も1歳のお子様の施術をした実績があります。事故前に比べて夜泣きが増えたとの訴えがありました。その際は2か月の施術で事故前の状態に戻ることが出来ました。

 

恵比寿・広尾・白金のとり整骨院 とり鍼灸院ではベビーカーをベットサイドに置くことができます。また、希望があれば貸し切りにもしますので、周りを気にせずに施術に専念することが出来ます。国家資格保有者が施術を必ず行いますので、ご安心ください。

スポーツ障害

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害を根本から解消したい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

スポーツ障害とは、スポーツをされることで起こる慢性的な不調のことを言います。取り組まれているスポーツによって起こりうる不調は変わってくるため、ケースに合わせて患部に最適な施術を行わなくてはなりません。スポーツ障害を根本からしっかりと解消したい方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

スポーツ障害にはいろいろな種類がございます。野球をされる方であれば「野球肘」や「野球肩」のようなスポーツ障害を引き起こしやすく、バレーボールやバスケットボールのように跳躍と瞬発力を求められるスポーツでは「ジャンパー膝」という膝のスポーツ障害を引き起こしやすい傾向にあります。いずれの場合も、早期に適切な施術を受けることが理想的です。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。

当院では、さまざまなスポーツ障害に幅広く対応しています。痛みやしびれ、こわばりなどの症状を手技や理学療法、リハビリなどの専門施術によって徐々に、そして着実に解消してまいります。当院は「一人施術者」の整骨院ですので、施術内容が突然変わってしまう心配がございません。広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へ、いつでも気軽にご連絡ください。

ランニング障害

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

ランニング障害

ランニング中に足や膝を痛めてしまった方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご相談ください。

 

ランニングは、健康志向の高まりにより人口が増加しているスポーツです。競技人口の増加により、ランニング中に足や膝を痛める方も増加しています。アスファルトでのランニングや、誤ったフォームでのランニングはランニング障害の原因になります。ランニングによって痛みが出てしまった方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院へご来院ください。

ランニング障害と一言で言っても、痛みが出る場所は様々です。脛の内側の下方に痛みが出るシンスプリントは、オーバーワークによる骨膜の炎症です。扁平足が原因となる場合もあるため、扁平足の施術も同時に行うことがあります。

ランナー膝は膝の外側に痛みが出る障害で、腸脛靭帯の炎症です。大腿骨と腸脛靭帯が擦れることによって起こります。鵞足炎は膝の内側に痛みが出る障害で、縫工筋、薄筋、半腱様筋の骨への付着部で起こる炎症です。どちらも骨には異常がないため、レントゲンには写らない障害です。湿布のみの施術では痛みが長引いてしまいます。当院では理学的検査をしてどこに障害があるかをはっきりさせて、お客様にしっかりと説明したのちに施術に移ります。ランニング中に痛めてしまった場合は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院へご相談ください。

 

テニス肘

2018.12.06 | Category: スポーツ障害

テニス肘

テニス肘で日常生活に支障が出ている方は、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にご来院ください。

テニス肘は、外側が痛くなるバックハンドテニス肘と、内側が痛くなるフォアハンドテニス肘に分けられます。テニス肘は正式には、バックハンドテニス肘は上腕骨外側上顆炎、フォアハンドテニス肘は上腕骨内側上顆炎と呼ばれます。どちらもストロークの際に繰り返しの負担がかかることで起こります。症状が強い場合は運動中だけではなく、家事や荷物を運ぶ動作など日常生活にも支障がでる障害です。テニス肘でお悩みの方は広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院へお越しください。

最近、テニスをしていない、運動をしていない方のテニス肘が増加しています。原因はパソコンやマウスの長時間の使用です。指を上方に上げる筋肉は、肘から始まる筋肉を使って行われます。キータッチを繰り返すことで、その筋肉の付着部である肘の外側に痛みが出るのです。デスクワーク場合、仕事で常に負担をかけていることになるので、痛みが長引くことが多いため、適切な施術が必要です。テニスをしていないのに肘が痛くなってしまった方、広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院にお任せください。

効果が持続する円皮鍼

2017.11.21 | Category: 鍼灸・針灸

こんにちは!とり整骨院・とり鍼灸院の鳥山です!

 

今朝は東京は冷え込みましたね。12月中旬の気温だったようです。これから冬本番で寒い日が続きますが、冷えは万病のもとですので、温かくしてくださいね。

 

さて、本日は当院でも施術に使っている円皮鍼についてです。

円皮鍼は一般的な鍼と形状が異なります。

一般的な鍼

 

円皮鍼

 

一般的な鍼は長く、体に数ミリ~数センチメートル刺入するのに対して、円皮鍼は鍼自体の長さが1mm程度しかありません。痛みはほぼないため、一般の鍼は怖い方でもあまり抵抗なく使用できます。

また、一般的な鍼は施術中しか鍼を刺入できませんが、円皮鍼はシール式のため長時間(1日程度)使用することができます。そのため、持続的な効果が期待できます。

刺激が少なく、持続的な効果が期待できるというのが円皮鍼の特徴なのです。

 

当院での円皮鍼の使用例を紹介します。

首が回しづらい、上や下を向きづらい悪いお客さんへは、手三里というツボに円皮鍼をします。

交通事故によるむちうちの方にも使用することがあります。

効果に個人差はありますが、動きの改善に驚かれる方もたくさんいらっしゃいます。

1mm程度の短い鍼で効果が出ることに驚かれます。円皮鍼のような短い鍼でも、適切な使い方で効果を出すことはできるのです。

 

とり整骨院・とり鍼灸院ではお客様の体の状態に合わせて施術を提案しています。体のバランスの調整、鍼や円皮鍼、テーピングや運動指導などから最適な施術を提案しますので、お気軽にご相談ください。

効率の良い身体を目指すパーソナルトレーニング

2017.04.20 | Category: パーソナルトレーニング,健康

こんにちは!鳥山です!

4月に入ってから初めてのブログです。久しぶりの更新になってしまいました。
最近、気温が高くなってきましたねー(><)日中は汗ばむくらいですね。
ただ、夜は気温は下がるので、体調管理には十分気をつけてくださいね!

 

さて、本日は当院で行なってるパーソナルトレーニングのご紹介です。

 

 

 

当院でパーソナルトレーニングを受けている方は様々です。

男性、女性、幅広い年代の方がパーソナルトレーニングを受けています。

目的は様々で、夏に向けてのダイエット、部分痩せ、体力づくりなどで受ける方が多いです。

 

目的に合わせてトレーニングの種目や強度を組み立てていくのですが、必ず共通して指導することがあります。

それは

「効率よく使える身体を作る」

ということです。

 

身体を効率よく使えると、無駄な体力を使わなくて済むので疲れにくくなります。

具体的にはその方に合わせて指導をするのですが、多くの方は特に腹筋や股関節がうまく使えていません。

 

腹筋が使えていないと、反り腰になったり、猫背になったり姿勢にも影響が出ます。

股関節が使えていないと、歩行の動作に無駄な力が入って疲れやすくなります。

ダイエットなどの個別の目標達成を目指しつつ、健康に暮らしていけるお手伝いをさせて頂いています。

 

4月の平日は3時までパーソナルトレーニングの体験を30分2000円でやっていますので、ご興味ある方は連絡お待ちしています!

 

白金・広尾・恵比寿のとり整骨院 とり鍼灸院ではパーソナルトレーニングだけではなく、施術にも特化しています。交通事故の施術も窓口負担0円で実施しています。皆様のお知り合いの方でも、交通事故でお困りの方がいましたら是非ご紹介ください。

キネシオテープの施術の例

2017.03.27 | Category: 腰痛・ぎっくり腰

こんにちは!鳥山です!

 

今日は東京は寒くて冷たい雨が降っていますね。。。先日桜の開花宣言が出たというのに、散ってしまわないか心配ですね(><)皆さんもこのような気候の時は体調管理をしっかりして下さいね!

 

さて、今回はキネシオテープを使った施術の例についてお話していきます。

前回のブログも併せて読んでみて下さい。

キネシオテープを使った施術

首が痛い方には、写真のようなテーピングをします。

このテーピングが首の動きをサポートするので、痛みが軽減します。

写真ではわかりやすいようにカラフルなテーピングを使用していますが、実際には肌色のテーピングを使用します。

なのであまり目立ちません。目立つのではないかという心配は不要です(^^;)

 

また、筋肉を緩めたり、関節の可動域を広げることにも利用できます。

写真のように手のひらにキネシオテープを貼り、数回手を握ったり開いたりをします。

すると胸の筋肉が緩み、肩の可動域が広がります。これは手のひらと胸の筋肉が筋膜によってつながっているためだと考えられます。筋膜については下記を参照ください。

筋膜って何??

キネシオテープは筋肉を緩めることにも利用できるので、当院では積極的に利用しています。

 

広尾・恵比寿・白金のとり整骨院・とり鍼灸院では、テーピングも含めてお客さまの体に合わせた施術を提供しています。また、交通事故施術にも特化していますのでお気軽にご相談下さい。