TEL

中年太りはなぜ起こる? | 広尾・恵比寿・白金 とり整骨院 とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > パーソナルトレーニング,健康 > 中年太りはなぜ起こる?

中年太りはなぜ起こる?

2018.11.13 | Category: パーソナルトレーニング,健康

こんばんは!とり整骨院・とり鍼灸院の鳥山です。

 

本日は、中年太りがなぜ起こるかということをお話しさせていただきます!食べる量は増えていないのになぜか太ってきた。。。という方はぜひ最後までお付き合いくださいね!

 

 

なぜ中年太りが起こるのか、結論から言いますと「基礎代謝量が低下する」ためです。

基礎代謝量とは生きるために必要なエネルギーで、横になって安静にしているときに消費するカロリーです。

消費するカロリーが減ってしまうため太りやすくなってしまうのです。

 

それではなぜ基礎代謝量が低下するかといいますと、「筋肉量が低下する」ためです。

年齢を重ねるとどの位基礎代謝量が低下し、どのくらい体重に影響があるのでしょうか?

それについては、例を挙げながら解説していきたいと思います。

 

体重が60㎏の人の場合、40代の基礎代謝は20代と比較して7%下がるといわれています。

具体的には、

20代 1440kcal/日

40代 1338kcal/日

となり、40代の基礎代謝の方が102kcal少ないです。

 

これを一年に換算すると、

365×102=37230 kcal

40代の方が約37230kcal消費カロリーが少ない計算になります。

 

このカロリーがどの程度体重に影響するのでしょうか?

結論から言いますと、なんと

約5㎏

も影響するのです。

体の脂肪1㎏は約7000kcalなので、37000÷7000≒5㎏という計算結果になるのです。

 

40代の人が20代の時と生活を変えなかったとすると、理論上1年で5㎏増える結果になるのです。

 

では中年太りにはどのような対策があるのでしょうか?

それには2つの対策があります。

 

まず一つ目は食べる量を減らす。

単純に基礎代謝が落ちた分、食べる量を減らせば太らないのです。

 

そして2つ目は20代の時の基礎代謝を維持すればよいのです。

維持する方法は、運動です。筋肉量を減らさなければ基礎代謝は維持できるのです。

 

人間は平等に歳をとります。健康を維持するには食生活を変えるか、運動習慣を身につける必要があるのですね。

 

恵比寿・広尾・白金のとり整骨院・とり鍼灸院では、生理学・栄養学に基づいた食事指導を行っています。体重の悩み、運動不足の悩みはぜひご相談くださいませ。