メール問合せ LINE相談
LINE TEL

ストレッチの効果がないのは筋膜が原因?~筋膜のストレッチ~ | 白金の整骨院 | とり整骨院・とり鍼灸院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ストレッチの記事一覧

ストレッチの効果がないのは筋膜が原因?~筋膜のストレッチ~

2017.01.18 | Category: ストレッチ,パーソナルトレーニング,施術,生理学,解剖学

こんにちは、鳥山です!

 

寒い日が続きますね。。。今週の金曜日は雪の予報です。

万が一積もってしまったときは転倒や交通事故には十分注意してくださいね!

交通機関がマヒしてしまうので、積もらないのを祈るばかりです(><)

 

 

さて、今日は筋膜のストレッチについてお話しようと思います!

通常の筋肉を伸ばすストレッチで効果がない場合は、筋膜のストレッチ(筋膜リリース)が必要かもしれません。

 

 

筋肉は筋膜という膜に包まれています。この筋膜はエラスチンとコラーゲンという2種類のタンパク質からできています。

筋肉が疲労や血流不足で硬くなると、筋膜は筋肉に癒着してねじれてしまいます。これとは逆に筋膜のねじれが原因で筋肉の動きが阻害され、機能低下を起こすこともあります。

筋膜がねじれた状態が続くと、筋膜のしなやかな性質が失われてしまいます。

 

ねじれた筋膜を整える方法に、筋膜リリースがあります。施術によって筋膜を伸ばしていく方法です。

マッサージとは異なり、筋膜リリースは適切な圧をかけ、時間をかけて筋膜を引き延ばしていきます。

筋膜をリリースすることで、コリの解消、血流の改善、関節可動域の向上が期待できます。

当院でもお客様の状態によって筋膜にアプローチしていきます。

 

広尾、恵比寿、白金のとり整骨院 とり鍼灸院では、お客様のお体に合わせた最適の施術を提供しています。

お体でお悩みのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

ストレッチの種類

2017.01.14 | Category: ストレッチ,パーソナルトレーニング,施術,生理学,解剖学

こんにちは!鳥山です!

 

今朝は非常に冷え込みましたね。。。

明日からまた冷え込みが厳しくなるようなので、風邪には十分注意してくださいね!

 

さて、本日はストレッチの種類についてお話します!実はストレッチにもいろいろな種類があるのです。

 

ストレッチは大きく分けて2種類あります。静的ストレッチ(スタティックストレッチ)と、動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)です。この2つは用途によって使い分けると効果的です。

 

gatag-00011653

 

静的ストレッチは、反動をつけずにゆっくりと筋肉を伸ばしていきます。血流を改善したり、リラックスしたり硬くなった筋肉を緩める効果があります。刺激が弱く、医療現場でよく使われるストレッチです。動的ストレッチに比べて、時間がかかるという難点があります。

 

動的ストレッチは、動きながら筋肉を伸ばしていきます。運動のパフォーマンスの向上、心拍数の増加、体温を上昇させる効果などがあります。アスリート向けのストレッチです。刺激が強いため、筋損傷のリスクがあります。そのため、動的ストレッチの前に静的ストレッチをしたり、徐々に強度を上げていく必要があります。

 

やみくもにストレッチをするのではなく、目的に合わせて効率よく行いたいものですね(^^)

その他にもPNFストレッチなどもあるのですが、これはまた別の機会にお話しします!

 

広尾、恵比寿、白金のとり整骨院、とり鍼灸院は、一人施術院のため、毎回施術者が変わることはありません。

お客様の体を理解した者が施術に入りますので、安心してお体をお任せください。

また、自己負担金0円で交通事故施術も可能です。お気軽にご相談下さい!

ストレッチの理論

2017.01.13 | Category: ストレッチ,パーソナルトレーニング,施術,生理学,解剖学

こんにちは!鳥山です!

 

大岡山のひろ整骨院/ひろ鍼灸院さんで行われる盲導犬のチャリティーイベントはいよいよ明後日に迫ってまいりました(^^)

明後日は寒くなりそうですが、とても暖かいイベントなのでお時間ある方はぜひいらして下さいね!詳細はリンクを参照ください!

http://rapport-test.xsrv.jp/post/post-417

 

さて、本日はストレッチの理論についてお話させて頂こうかと思います!生理学的な話にも触れるのでちょっと難しいかもしれませんが、お付き合いください!

 

筋肉を伸ばすのには実は筋肉の生理学的な反射が利用されています。普段ストレッチをしている時は意識していないと思いますが(^^;)意識しなくてもストレッチできますしね!

ただ、その反射を使うということを理解していると、効果的にストレッチの種類を使い分けることが出来るのです。

 

具体的にどういった反射が使われているかといいますと、下記のようなものです。

 

Ib抑制:筋肉に持続的な伸長が加わると、その筋肉の収縮を抑制する反射

Ia抑制:伸ばそうとする筋肉の反対の作用をする筋肉(拮抗筋)が収縮すると、伸ばそうとする筋肉が緩む

 

逆にストレッチに逆効果になりうる反射(必ずしも逆効果とはいえないのですが)は下記です。

 

伸張反射:腱が急速に伸ばされると、筋肉が収縮する。脚気の検査に使われている反射です。

 

このような反射は、筋肉が損傷しないようにするために人体に備わっているものなのですが、それを利用してストレッチをするなんて面白いですね(^^)

 

今日はストレッチの理論についてお話しました。次回はストレッチの種類についてお話させて頂きます!

 

広尾・恵比寿・白金のとり整骨院 とり鍼灸院では、お客様の体に合わせたオーダーメイド施術をしています。

また、交通事故の施術にも特化しています。お体のお悩みはお気軽に相談くださいね!

体が硬いとなぜ悪い?~ストレッチの必要性~

2017.01.12 | Category: ストレッチ,パーソナルトレーニング,施術,生理学,解剖学

こんにちは、鳥山です。

 

年も明けて10日ほど経ちましたね!これから寒さも続きますが、体調管理には十分お気を付けくださいね!

 

さて、今日はなぜ体が硬いと悪いのか、というお話をしていこうかと思います。

 

gatag-00011653

 

体化硬いということは、関節の可動域が狭いということです。

可動域が狭いということは大きな動きができない、スポーツでもパフォーマンスの低下につながります。

 

関節の可動域が狭い原因の一つに、その関節を動かす筋肉が硬くなっていることが挙げられます。

 

筋肉は、粘性と弾性という性質を持っています。粘性は粘り気のある性質で、力を入れて変形した形状が力を抜いても維持される性質です。また、弾性は力を入れて変形した状態が、元に戻ろうとする性質(ゴムのような性質)です。

 

筋肉が硬くなると粘性、弾性が弱くなり、体を動かすのに無駄な力が必要になってしまいます。力の効率が悪いために、疲れやすい状態です。

 

また、筋肉が硬くなると体のバランスがくずれて姿勢が悪くなります。人間の体では様々な筋肉が引っ張り合っているため、ある部分の筋肉が硬くなるとそれが姿勢に影響します。

例えば胸にある大胸筋が硬く、短くなってしまうと巻き込み肩になり、猫背になってしまいます。

 

疲れにくい体、姿勢の良い体を作っていくには、筋肉の硬さを取り除いていく必要があるということですね。そのために活躍するのがストレッチなのです。

 

ストレッチの重要性についてお分かりいただけたでしょうか?次回もストレッチについてお話させて頂きます!

 

広尾、恵比寿、白金のとり整骨院・とり鍼灸院では、体のバランス調整のためにストレッチを行います。必要に応じてご自宅でできるストレッチ指導も行います。また、交通事故の施術も可能です。夜9時まで受付していますので、仕事後にもお気軽にいらして下さい。

新着ブログ

2021.03.29 TEST
2021.03.29 TEST
2021.03.29 TEST